横浜市青葉区|大学受験の個別指導塾・予備校|武田塾あざみ野校

日本初!授業をしない、個別指導で大学受験突破する、逆転合格専門塾が横浜市青葉区あざみ野で開校。東大・京大・早慶・国公立医学部に奇跡的な逆転合格を続出する武田塾あざみ野校のブログです。普通の予備校や個別指導塾では難しい、偏差値を急激に上げるヒントが詰まっています。

タグ:出題傾向

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学人間科学部の政治経済の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学人間科学部の政治経済の入試問題についてまとめてみます。

 傾向と対策をざっとまとめてみましょう。

特徴としては、大きく2つありますが、「標準問題は7割から8割」「統計資料問題や時事問題は難易度が高い」という感じです。

全問マークシートで、政治、経済部門から幅広く出題されます。

政治分野では、アジア、ヨーロッパの政治、国際連合に関係する問題が細かく出されます。憲法問題、核国の政治機構の比較などは例年出題されますので、十分な対策が必要です。
 

経済分野高は、高校の学習範囲を超えてかなり細かい専門用語や人名などが出されます。

日本経済の中で問題視されている問題から、細かく出されるので、対策が必要です。

☆教科書レベルの標準問題が7~8割なおので、ますは教科書や参考書をしっかり読み込み、基礎知識を十分につけておくことです。

当然注釈、図、グラフなどの細かいところにも注意をし、頭に入れておきましょう、

分からない用語は必ず用語集で調べ、放っておかないことです。

 

☆統計資料問題、時事問題は難易度が高いので、特に入念な対策が必要です。

教科書では足りないので、参考書や最新の資料集を使いましょう。表面的なことだけではなく、その背景にも着目し、因果関係も説明できるようにしましょう。

新聞やニュースにも敏感になり、政治経済の話題には一通り説明ができるくらいにしておきましょう。

日経新聞の記事を参考に、スクラップしたりノートにまとめるのも良い方法です。

 

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
IMG_9497
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学人間科学部の世界史の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学人間科学部の世界史の入試問題についてまとめましょう。

傾向と対策をまとめてみます。

 

人間科学部の世界にもいくつか特徴があります。

「近現代史が重要視される」「文化史が大問として出される」「正誤問題は難易度が高い」

すべてマークシート方式ですが、問題数が70問と多いので、スピーディに解く必要があります。

西洋史、東洋史ともに出され、日本史からも出されます。

政治史、社会史、文化史から出題され、文化史はとくに大問として出されます。

先史時代から現代まで幅広く出されます。近年は西洋史の割合が高めです。

問題のレベルとしては、標準レベルで、まずは教科書をまんべんなく読み込むことから

始めましょう。

本文だけではなく、注釈や、図、写真、地図などの細かいところもしっかり目を通し、頭に入れておきましょう。

もちろん教科書だけの学習では足りませんので、必ず用語集などを活用し、人物、地理、作品名などをきちんと説明できるようにしておきましょう。

 

☆近代史の対策としては、国際関係詞の整理をすることから始めましょう。

複数の国がまじりあうので、整理しにくいところもありますが、年代配列に注意が必要なので、ノートにまとめるなどして時系列をまとめておくとよいでしょう。

特に、外交、条約、戦争については重点的に覚えておきましょう。

現代史はボリュームは多くありませんが、ニュースや新聞などに目を通し、国際問題などに注意を払うようにするといいでしょう。

 

☆文化史は、細かい知識を要しますので、いち、どこで、だれが、なにを、のようにその背景を細かく説明出来るようにしておきましょう。

教科書プラズ図式の資料などを用いて、知識を深めましょう。

 

☆正誤問題はかなり難問で、厄介です。

全部正解、全部間違いなどという問題あり、消去法は通用しない問題ばかりです。

選択肢のどこが間違っているのか、一度見ただけで判断できるように、十分な基礎知識が必要です。

その根拠を明らかにして、正しい説明が自分でできるようにしておくといいでしょう。

ひとつひとつ調べながらやっていくとかなり時間がかかってしまいます。

過去問、教科書、用語集をうまく使い分けて、自分なりのノートにまとめておくのもいいと思います。

 

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
IMG_9497
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学人間科学部の日本史の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学人間科学部の日本史の入試対策をしましょう。

傾向と対策をまとめていきます。

 

人間科学部の日本史にはいくつか特徴があります。

「標準レベル」「史料問題が出る」「文章選択問題に特徴がある」

全問マークシートです。原始時代~現代まで幅広い範囲で出されます。

 

☆難問も少しありますが、だいたいは標準レベルで、ここを確実に点数に結び付けることが必要です、ですから基礎固めはもちろん、教科書や参考書の注釈や図、写真、年表などにもしっかり目を通し、細かいところまで覚えておきましょう。

用語集などを用いて、重要用語の暗記も必要ですが、歴史はやはり全体的な流れ、時代背景を理解することが大事です。

 

☆また、史料問題が必ず出されます。

史料集は1冊必ず読破し、初見の資料も読み解ける力を補っておくことが必要です。

初見史料読み解き対策ができる参考書を選ぶとよいでしょう。

 

☆文章選択問題もいくつかもパターンがあります。

「重要用語の知識で解ける問題」「時代に合う出来事を選ぶ問題」「内容把握が必要な問題」

学習の進め方としては

①一問一答式問題集を1冊やる

②歴史の流れをしっかりつかむための解説本、参考書を同時に読み進める

というのが効果的かと思います。

ある出来事が起こった背景をしっかり掴むことが必要です。

事柄の相互関係を意識しながら学習するようにしましょう。

 

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
自習室風景1
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学人間科学部の国語の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学人間科学部の国語の入試問題についてまとめましょう。

傾向と対策についてざっとまとめてみますね。

 

早稲田の国語はとにかく高度な読解力を要します。

人間科学部の国語も同様に、難度の高い問題がでます。

緻密な吟味が必要な空所補充問題や、論理展開の把握が求められる欠文補充問題など、文章の中身をしっかり読み取る力が必要です。

例年、評論と随筆が出題されます。

特に、人間科学部の随筆は評論に近く、哲学的な内容で抽象的なものです。

ですから高い読解力が必要になります。

付け焼刃の勉強では到底たどり着けないレベルですので、しっかりとじっくりと準備しましょう。

また、現代文のほかに古文漢文の融合問題が1問出題されます。

古文の出題文のなかに関連のある漢文を引用する、というような問題形式です。

レベルとしては標準的なので、もっている漢文の知識を存分に生かしながら、文法、語彙、

古典常識をしっかり使えるようにしておきましょう。

古典漢文の得点には最低限の準備です。

日記、紀行文からの出題が目立つので、過去問を何度も解き、類似問題での演習が必要です。

早稲田特有も問題傾向に慣れることがまず大事です。

 

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
置き勉自習席
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学理工学部の物理の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学理工系学部(基幹理工学部、創造る工学部、先進理工学部)の化学の入試問題についてまとめましょう。

 

化学の問題自体は基本的な知識と理論が問われます。

理論と有機、無機の一部が出題されます。

理論は周期表と原子構造の理解をもとに、化学結合と物質の性質を問う問題がよく出されます。

有機は元素分析と分子式の決定など有機化合物の構造決定、官能基の性質・反応と示性式・

構造式、油脂や脂肪酸の構造、ペプチドの構造やアミノ酸配列について問われる問題も多いです。

無機に関しては、物質の製法性質、イオン反応、沈殿反応、呈色、錯イオンの生成などがよく出ます。

 

広い範囲から基本的な問題が出されます。

基本知識の理解と暗記が必要です。

基本用語と基本的な化学式、化学反応式は確実に身に着けておきましょう。

実験操作、器具、薬品の問題もよく出るので、操作の意味、留意点、器具の名称や使い方なども覚えておきましょう、

理工系学部の化学は出る範囲が決まっていますので、過去問を見直して、出題範囲や傾向を掴んでおきましょう。

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
置き勉自習席
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

↑このページのトップヘ