こんにちは、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学商学部の国語出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

まずは出題傾向です。
○構成は、現代文(評論)1題、古文1題。
○古文は、漢文と関連させた出題となっている。
○設問内容は、現代文は傍線部説明問題・空欄補充、古文は文法問題・内容解釈や判定、文学史、また漢文は古文の出題に関連した内容で、文法や句形を問う問題が多い。

次に学習する際に意識するべき注意や対策です。
○難易度は早稲田では標準レベルだが、問題文が長い(2013年度は3900字程度)ので、スピード感をもってテンポよく読み解いていく必要がある。早稲田国語は高い論理思考力を求められる問題となっており、様々なジャンルの評論の読解演習を数多くこなしておくことは大切である。
○論理的思考力で言えば、選択肢問題では丁寧に一語一語を慎重に見極めていかないと正解を選びにくい問題が多く、消去法での対応が有効であるが、判別の仕方も含めて多くの演習が重ねる必要がある。
○古文は、語彙や文法は基本的内容を押さえた前提で、内容把握を素早く行う読解力が求められる。また和歌を関連して出題されることも多いので、和歌の問題に慣れておくことも大切である。
○漢文は、基本的な句形などを確実に押さえていれば得点ができる。漢詩が2013年度出題されているが、今後も出題されることが想定され、漢詩に関する知識も押さえておきたい。

★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
__ 2
-------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら