横浜市青葉区|大学受験の個別指導塾・予備校|武田塾あざみ野校

日本初!授業をしない、個別指導で大学受験突破する、逆転合格専門塾が横浜市青葉区あざみ野で開校。東大・京大・早慶・国公立医学部に奇跡的な逆転合格を続出する武田塾あざみ野校のブログです。普通の予備校や個別指導塾では難しい、偏差値を急激に上げるヒントが詰まっています。

2014年07月

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学人間科学部の国語の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学人間科学部の国語の入試問題についてまとめましょう。

傾向と対策についてざっとまとめてみますね。

 

早稲田の国語はとにかく高度な読解力を要します。

人間科学部の国語も同様に、難度の高い問題がでます。

緻密な吟味が必要な空所補充問題や、論理展開の把握が求められる欠文補充問題など、文章の中身をしっかり読み取る力が必要です。

例年、評論と随筆が出題されます。

特に、人間科学部の随筆は評論に近く、哲学的な内容で抽象的なものです。

ですから高い読解力が必要になります。

付け焼刃の勉強では到底たどり着けないレベルですので、しっかりとじっくりと準備しましょう。

また、現代文のほかに古文漢文の融合問題が1問出題されます。

古文の出題文のなかに関連のある漢文を引用する、というような問題形式です。

レベルとしては標準的なので、もっている漢文の知識を存分に生かしながら、文法、語彙、

古典常識をしっかり使えるようにしておきましょう。

古典漢文の得点には最低限の準備です。

日記、紀行文からの出題が目立つので、過去問を何度も解き、類似問題での演習が必要です。

早稲田特有も問題傾向に慣れることがまず大事です。

 

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
置き勉自習席
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学理工学部の物理の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学理工系学部(基幹理工学部、創造る工学部、先進理工学部)の化学の入試問題についてまとめましょう。

 

化学の問題自体は基本的な知識と理論が問われます。

理論と有機、無機の一部が出題されます。

理論は周期表と原子構造の理解をもとに、化学結合と物質の性質を問う問題がよく出されます。

有機は元素分析と分子式の決定など有機化合物の構造決定、官能基の性質・反応と示性式・

構造式、油脂や脂肪酸の構造、ペプチドの構造やアミノ酸配列について問われる問題も多いです。

無機に関しては、物質の製法性質、イオン反応、沈殿反応、呈色、錯イオンの生成などがよく出ます。

 

広い範囲から基本的な問題が出されます。

基本知識の理解と暗記が必要です。

基本用語と基本的な化学式、化学反応式は確実に身に着けておきましょう。

実験操作、器具、薬品の問題もよく出るので、操作の意味、留意点、器具の名称や使い方なども覚えておきましょう、

理工系学部の化学は出る範囲が決まっていますので、過去問を見直して、出題範囲や傾向を掴んでおきましょう。

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
置き勉自習席
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学理工学部の物理の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学理工系学部(基幹理工学部、創造る工学部、先進理工学部)の物理の入試問題につてまとめてみましょう。
 

理工系学部は物理、化学、生物から二科目必要で、二科目で120分です。

物理は問題量が多いので、スピーディな解答が求められます。

大問3題の構成で、力学と電磁気の比率が高く、大問2題分が出されます。残り1題が波は熱力学のどちらかが出されます。

問題形式は計算問題が中心ですが、描図や問題集には出てこないような問題が出されることもあります。

標準的な問題が多いですが、理工家学部は受験者数が少ないので、倍率が高くなり、少しでもミスをすると致命傷につながるので、ちょっとしたミスをしないように気を付けることが大事です。

とにかく問題数が多いので、時間内に解き終わるような訓練をしておく必要があります。

当日あわてないために、時間配分に留意した進め方に慣れるようにしておきましょう。

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
IMG_9406
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学理工学部の数学の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学の理工系学部(基幹理工学部、創造る工学部、先進理工学部)の数学の入試問題についてまとめてみましょう。
 

傾向と対策についてざっとまとめていきましょう。

例年大問5題、試験時間120分で、全問記述式です。2008年以降は、毎年証明問題と図示問題が出されています。

数Ⅰ~Ⅲ、数A~Cの中からいろいろな分野を融合させた総合問題が出されています。

数Bの「統計とコンピュータおよび数値計算とコンピュータ」、数Cの「確率分布および統計処理」は出題されません。

よく出されるのは微分・積分法、数列・極限、確率です。

関数もよく出されますが、単独で出されるというより、大問の材料として扱われることが多いので、注意が必要です。

 

当然、教科書だけでは足りませんので、発展レベルの問題集を使って演習が必要です。

理論と理解力を伴う計算問題も出ますので、公式やパターンを丸暗記しただけでは太刀打ちできない問題もあります。

なぜこの公式を使うのか? どの公式を使うのか?をきちんと理解、判断しながら進められるといいです。

実際の試験では、記述、計算の展開能力、処理能力も見られます。

普段から時間配分や論理的な整合性を意識した学習を進めるようにしていきましょう。

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
活気ある教室1
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学理工学部の英語の出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

●早稲田大学基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部の英語についてまとめてみましょう。
 

私立の理系学部の英語の中では難問といえます。

ただし、文法、会話文、長文読解などオーソドックスな問題です。

長文は英語量としては年度によりまちまちですが、注釈のない専門用語がたくさん出てくるので、文章の中で類推できるかが大きなポイントです。
 

文化論や科学論の知識が必要になってくるので、そのあたりの事前準備もしておきましょう。

問題に関しては速読と精読両方が求められます。

ただ速く読むだけでもダメ、ゆっくり読むだけでもダメなので、スピードを上げてしっかり内容を理解した読み方ができるように、早めにトレーニングをしておきましょう、
 

文法問題は基本的な内容です。

標準問題の演習を繰り返しておけば解ける問題ですので、しっかり対策しておきましょう、

また、2010年から誤謬問題、計算を含む問題などの難しい問題が出されています。

過去問で傾向を掴みながら、しっかりした事前準備が必要です。

 

とにかく普通の問題を解いているだけでは合格圏に達しない独特な問題ですので、

過去問をしっかり解くようにしましょう。

 
★早稲田大学の他学部・他科目の対策を知りたい!
こちらです! 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
指導風景
----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
大学受験を個別指導で徹底管理!
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

↑このページのトップヘ