横浜市青葉区|大学受験の個別指導塾・予備校|武田塾あざみ野校

日本初!授業をしない、個別指導で大学受験突破する、逆転合格専門塾が横浜市青葉区あざみ野で開校。東大・京大・早慶・国公立医学部に奇跡的な逆転合格を続出する武田塾あざみ野校のブログです。普通の予備校や個別指導塾では難しい、偏差値を急激に上げるヒントが詰まっています。

2013年10月

こんにちは、武田塾あざみ野校です。
「こんな相談ありました!」では、
実際の無料受験相談の場で寄せられた相談や質問を紹介します。

多くの受験生の悩みを一緒に考え、解決できればうれしいです。
同じような悩みを抱えている方は是非、
コメントまたはazamino@takeda.tvまでご連絡ください。

 【相談】
センター試験で国語の時間が足りません。
普段は漢文⇒現代文2題⇒古文の順にやっています。
漢文で15分・論説文24分・小説22分・古文が残りという時間配分です。
ただ漢文と現代文で時間を押してしまいます。
どのような対策を考えたら良いでしょうか?(既卒生)

【一緒に考えた内容】 

センター国語は時間配分を絶対間違えるな! 
センター国語は時間配分はとにかく大切です。
それを守らないと時間切れで得点できる問題まで手が回らないということが起きますので、
十分注意が必要です。

自分の目安時間は正確に守って、
時間が押してしまいそうになったら残りの設問をマークだけして、
次の大問にいくことをおすすめします。

(漢文で時間を押すのは文脈の内容理解ができていない為と判りました)
漢文では、たとえ文脈の細部の内容理解ができていなくとも解答できる設問も多くあります。
文章を読む際には、細かい内容把握にまずはこだわらず、
文章全体を読みきって大雑把な内容把握をしてしまうことをすすめます。
その上で解答できる問題を確実にとって、
あとは設定した15分以内で解答マークをやりきる意識が大事です
。また内容理解の手がかりとして「選択肢を先に読む」というのも効果的です。
どんな内容なのかをその方向性を大雑把に理解するのに役立ちます。

(現代文は解くスピードが遅い為と判りました)
現代文については、まずは設問を先に確認した上で、
本文を読む速度を速めるのが有効です。
ストップウォッチ片手に本文にかける時間を10分とか15分とか決めて解答することで
時間への感覚を鋭くしましょう。
また本文をすべて読まなくとも途中で、
本文の設問箇所にきた時点で解答しながら解き進めるのも有効です。
__
<教室内の1コマ>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
武田塾では無料受験相談を行っています。
一人ひとり大切に相談させて頂く為に完全予約制です。
それぞれ皆さんが思っている受験への不安を一緒に考えましょう。
無料受験相談を希望される方こちらまで
-----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら
banner_21




 

こんにちは、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学法学部の英語出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

まずは出題傾向です。
○大問は6問構成が中心で、最後の2題が英作文となっている。
○法学部も他学部同様に設問指示が英文になっている。
○出題形式は、マーク式と記述式が併用されており、また記述式には会話文中の一部を英訳させる設問や、自由英作文(2013年度は「動物実験の是非について説得力がある理由を1つ以上あげて意見を述べる」)もある。
○長文読解は、総語数は2500語程度で、政治経済学部に次いでの分量となっている。1題の長文は1000語以上となっている。

次に学習する際に意識するべき注意や対策です。
○長文は分量としては早稲田入試では標準的からやや多いと思われるが、語彙レベルが高いので単語力の強化は不可欠となる。当然、分からない単語も出てくることになるが、前後関係や文脈理解を通じて推測する力が必要となる。
○法学部は全体の内容理解に加えて、各段落の内容を押さえていく設問も多いことから、段落内容をひとつひとつ素早く読みこみ内容を把握する力が求められるので、普段の勉強でも長文演習の際にはその点を意識しておきたい。
○文法語法も独立した大問としてしっかり出題されることから、文法演習は重ねておく必要がある。アクセントや発音問題も出題されるので注意しておきたい。
○和文英訳では、使用する単語が指定される形式となっているが、基本的な文法や構文、単語をマスターしておけば十分得点は可能である。難しい表現を使うことなく、基本的な表現を多く使える状態までマスターし入試ではそれを応用する意識を持ちたい。もちろん、時制や態の一致、単語のスペルといったあたりの初歩的なミスは絶対許されない。
○自由英作文も同様に、難しい表現で英作する必要はなく、多くの構文をマスターしてそれを応用する意識で臨みたい。ただし、テーマが幅広く、時事問題や社会問題といった内容がもとえめられることから、多少の予備知識を持っておくとアウトプットしやすいと言える。他学部と違い、意見の根拠を具体的に示す必要があることから、知識も正確に押さえておく必要があり、演習を重ねて添削してもらう指導が有効と思われる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
入口6
-----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

こんにちは、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学法学部の英語攻略に向けて、
【予備校じゃ教えてくれない!】
武田塾の最強最短参考書ルートをまとめてみます。

<日大 合格レベル>
第一段階
[単語]システム英単語 [改訂新版]駿台の自信作!
[熟語]速読英熟語Z会のおすすめ!
[文法]総合英語 Forest(フォレスト) 6th edition
[文法]Next Stage -ネクステージ- 英文法・語法問題 3rd edition
[文法]“毎年出る” 頻出 センター試験 英文法・語法
[構文]基礎英文解釈の技術100
[長文]大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル2 センターレベル編 新装版
さすがに東進衛星予備校の安河内先生!
[長文]やっておきたい英語長文300河合塾生の定番!
[シャドーイング]速読英熟語

<MARCH 合格レベル>
第二段階
[単語]システム英単語 [改訂新版]
[文法]全解説 実力判定 英文法ファイナル問題集 標準編
[長文]英語長文 レベル別問題集(5) 上級編また東進衛星予備校の安河内先生!
[長文]毎年出る“頻出”英語長文
[長文]やっておきたい英語長文500再び河合塾生の定番!
[シャドーイング]速読英熟語

<早稲田大学 最低限レベル>
第三段階
[単語]システム英単語 [改訂新版]
[文法]全解説 実力判定 英文法ファイナル問題集 難関大学編
[構文]ポレポレ英文読解プロセス50代ゼミの筆頭 西きょうじ先生の名著!
[長文]大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル3 難関編 新装版
 
 (またまたまた東進の安河内先生!
[長文]大学入試 よく出るテーマ 読み解き 英語長文 500
[長文]やっておきたい英語長文700ダメ押しで河合塾生の大定番!
[長文]大学入試 よく出るテーマ 読み解き 英語長文 500
[シャドーイング]速読英熟語

ここから、さらに各学部に向けて分野別対策を行っていきます。

予備校の一流講師陣が渾身こめて受験生に贈る問題集で
志望校へ一気に逆転合格しよう!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
予備校の教室一斉授業に負けない!
武田塾の「逆転合格の超速勉強法」こちらまで!
もっと詳しく知って「逆転合格を果たしたい」あなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
__ 2

-----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら
banner_21

こんにちは、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学政治経済学部の日本史出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

まずは出題傾向です。
○例年大問5題の構成で、設問数は50前後となっている。
○難易度は全体の7割~8割が標準的で、残り2割~3割が難易度が高い
○分野は、古代から近現代まで満遍なく出題されるが、それでも近現代の出題が半分以上を占める
○政治史や文化史を中心にジャンルやテーマは満遍なく出題される
○出題形式は、記号選択のマークシート形式が7割程度、残りが人名や用語を応える記述形式、そして120字の論述問題となっている

次に学習する際に意識するべき注意や対策です。
○難易度の高いものについ目がいきがちだが、標準的な問題が7割程度出題される以上、まずはそこを確実に得点する実力を身につけたい。その上で、近世以降、特に近現代で細かい事項も出題されることが多いので、参考書はもちろん、用語集や図説を活用して、欄外の小さい字で書かれた事項まで広げて学習しておく。
史料問題が例年必ず出題されるが、通常は受験生の大半が今まで見たことのない史料が出題されることが多い。対策としては、多くの史料問題を解きパターンに慣れることが前提だが、演習の際には、その史料が歴史の流れの中でどのような位置づけのものなのかを読み取る、そして史料文だけを眺めるのではなく、設問や注釈や選択肢自体に史料を読み解くヒントを探し出すテクニックも身につけられるようにしておきたい。
論述問題も必ず出題されるが、でのテーマは入試頻出事項であるものが多く、また範囲も近現代での政治・外交・経済といったものに集中している。過去には田中角栄内閣や岸信介内閣での政策、戦後の五大改革といったテーマがあったが、2011年度には平成からも出題されていることから注意は必要である。対策は、とにかく自分の言葉で自分の手でしっかり書くという練習が一番必要である。問題に対してポイントとなるキーワードを確実に集めて文章を構成する演習を積む、そしてそれをしっかり添削してもらう対策が有効と思われる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
__ 2
-----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら
banner_21

 

こんにちは、武田塾あざみ野校です。
今日は、早稲田大学政治経済学部の世界史出題分析と対策を
まとめてみたいと思います。

まずは出題傾向です。
大問は5題か6題解答数は65問前後となり、日本史に比べて解答数が多く試験時間に対して問題量は多い。
○範囲は、近現代が中心になるが、特にヨーロッパやアメリカに関するものが多く見受けられる
○出題形式はマーク式による記号選択形式と記述式でマーク式の方が比重が高い。
○政治経済学部の特徴であった5つの文の中から2つの正答を選択する正誤問題も、2011年度や12年度は出題されなかったり、2013年度には形式を変えて出題されたりなどしており傾向が定まっていない。
年代で並び替える整序問題の出題が最近増加していおり、2013年度は4題出題されている。
○難易度は、かつてと比べると細かい知識を問う設問は減少傾向にあり、早稲田としては標準的な難易度と思われる。

次に学習する際に意識するべき注意や対策です。
○早稲田ではつい難易度が高い問題に目がいきがちだが、難易度が高い問題では得点差がつきにくく、また標準レベルの出題も多いことから、まずはそのあたりのレベルの問題を確実に得点できる実力を身につけることが合格への近道となる。特に近現代の出題が多いが、近現代は多くの国が様々な形で絡みあい複雑な流れになっているが、主要国ごとにまずはしっかり流れを時系列で整理した上で、そこからさらに細かな知識を加えていき、流れの中で細かい内容を押さえていく勉強を通じて、近現代史が得点源になるまで実力を是非付けていきたい。
○年度によっては、絵画や写真やグラフ、地図といったものを多用した問題が出題される。図説や資料集を日頃から目を通す習慣をつけておきたい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒あざみ野校の無料受験相談をご予約下さい♪
__ 4
-----------------------------------------------------------------
神奈川県逆転合格専門塾【武田塾あざみ野校】
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
(東急田園都市線/市営地下鉄あざみ野駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
FAX:045-909-4001
Mail:azamino@takeda.tv
武田塾ホームページこちら
banner_21


 

↑このページのトップヘ